FC2ブログ

さぁ!ベアッガイⅢの時間だっ!第9話

昨日の雨が嘘のようにいいお天気でしたね♪
こんばんわ、あっがい谷の村長の庵です。

『ベアッガイⅢ祭り』に参加してもらった子達の紹介です。
※サムネイルをクリックしてもらうと大きくなります。
※製作者さまの敬称は省略させていただいておりますので、ご了承くださいませ。


キャロッガイさん
作品No.081
作品名:キャロッガイさん
製作者:猫大名
コメント:うちのベアッガイⅢ⑤

村長より
猫大名さんによる作品♪まさかのキャロちゃんことキャロラインちゃんまでベアッガイⅢで表現されていました。
このキャロッガイさんは腕の延長パーツをうまく使うことで特徴的な巻き髪を再現されているという素晴らしいアイデアが光る作品だと思いました。
お嬢様であるキャロちゃんの服装も見事な造形と塗装で再現されていて、足裏もしっかり塗装されていて、細かい分での再現度がすごいなぁって思いました。またキャロちゃんのお顔にはちゃんと眉毛まで作り込まれていて、他のキャラクターベアッガイⅢとは違うなぁって思った作品でもありました。


レイジッガイくん
作品No.082
作品名:レイジッガイくん
製作者:猫大名
コメント:うちのベアッガイⅢ⑥

村長より
ビルドファイターズの主人公の一人のレイジくん♪すごく複雑な髪形も猫大名さんにかかったら…
見た目はホントにレイジくんです。王子様であるレイジくんの服装もしっかり作りこまれていて、塗装も完璧♪アリスタの宝玉のついた腕輪もちゃんと再現されているというすごい作品。
猫大名さんだったらこのベアッガイⅢを使って、どんなキャラクターも再現できるのでしょうね…
Twitterをフォローさせていただいているのですが、最近は何やホットドックを持ったオードリー・バーンことミネバ様を製作されている様子が見れましたので、今後の猫大名さんの新作を皆さんも楽しみにしていてくださいね。


ベアッガイⅣ
作品No.083
作品名:ベアッガイⅣ
製作者:ALICE
コメント:羽根つき

村長より
メッキ塗装がそれはもうホントに美しくて、写真を撮ると自分が写りこんでしまうようなベアッガイⅢを作ってくださったのは、『明和真空』さんのALICEさん。
今回のこの作品はホントにきれいなパールホワイトで、見ているだけでうっとり幸せになれる作品で会場でも感嘆の声が良く聞こえていました♪しかもフレームはゴールドメッキされていて、それぞれメッキで美しいカラーリングを表現してくださっていた作品でした。
こんな素敵なメッキ加工をしてくださる『明和真空』さんのALICEさんご自身もモデラーさんでいらっしゃいますので、メッキ加工をする際の打ち合わせでもかなり細かくオーダーを受け入れていただけます。もちろんワンパーツからのオーダーも受けて下ってますので、一度ご相談されてみるのもよいのではないでしょうか♪
そんなALICEさんの素敵な作品が『Aliceのガンダム日記』でも拝見できますので、ぜひ興味のある方はご覧になって、実際にメッキ加工を依頼してみてください♪
ちなみにおいらのあっがい谷にも『明和真空』さんで美しく仕上げてもらったあっがいたんが複数生活しています♪


デビルベアッガイ
作品No.084
作品名:デビルベアッガイ
製作者:sato
コメント:

村長より
まさか美しい天使のようなALICEさんのベアッガイⅢの隣に、まさか悪魔のベアッガイⅢが並んでいただなんてなんていう偶然なんでしょうかって思いましたw
そんな可愛い悪魔のデビルベアッガイを製作してくださったのは、ベアッガイⅢ祭りの当日に1眼レフカメラを持って、ひたすら作品の写真撮り続けてくださっていたsatoちゃんさん♪このsatoちゃんさんは出戻りモデラーさんで、普段は精密な工作や、塗装でそれはそれはかっこいい作品を作られるお方なんです。でも今回はベアッガイⅢというキットをとても素晴らしいセンスと改修作業で、皆さんもよく知っているあのキャラクターに大変身させてくださいました♪
作品名に反してとっても可愛いこのベアッガイⅢ、特徴的なマスクのパーツやウイングパーツなどもしっかり型を作ってから、作られていて、それはもうsatoちゃんさんの性格がなせる技なんだなぁって思いました。
密かにお客さんの中からも欲しいなぁって言うことを何度も耳にした可愛い作品でもありました♪


ベアッガイⅢ
作品No.085
作品名:ベアッガイⅢ
製作者:がーやん
コメント:100均の自転車用ライトを内蔵しました。頭頂部とコックピットハッチに磁石を近づけて下さい。点滅パターンが変わります。

村長より
パッと見だと電飾されて、カラーリング違いのベアッガイⅢなのかなぁって思ったら…
何やら不思議なものが転がっているじゃないですか???実はこれ磁石になっていて、コメントに書いてある通りの動作を行うと…な、なんと電飾の点滅パターンが変わるというギミック付き!
そんなすごいベアッガイⅢを作ってくださったのは、飛び込み参加のがーやんさん。元のベアッガイⅢの仕上げもとても素晴らしく、丁寧に仕上げられたんだろうなぁって感じられるベアッガイⅢでした。オリジナルカラーリングもとってもおしゃれで素敵だなぁって思った作品でした。


孤独のヒーローベアッガイⅢ
作品No.086
作品名:孤独のヒーローベアッガイⅢ
製作者:むらり
コメント:

村長より
とても丁寧な表面処理でそれはそれは美しい塗装をされるむらりさん♪今回の祭りでは、大幅な改修を行ったオリジナルヒーローのベアッガイⅢを作ってきてくださいました。
なんとなく流用されたパーツがなんなのかわかる気もするのですが、そのミキシングのセンスと、改修技術はさすがだなぁって思いました。とくにいろんなポージングができるようになっているのもすごいですし、うまくリボンのパーツを使ったマフラーの表現なども面白いなぁって思いました。
塗装に関してはホントに素晴らしくて、さすがはむらりさんだなぁって思ったベアッガイⅢでした。
ちなみにこの作品『電撃ガンプラ王2014』の第1次予選通過作品でもあります。良かったらまだ投票期間ですので、投票がまだの皆さんどうですか?そしてそのコメント欄にに書かれている設定も合わせてみていただけるとよりこの作品の良さが伝わると思います。


ベアッガイⅢブルーティッシュカスタム
作品No.087
作品名:ベアッガイⅢブルーティッシュカスタム
製作者:ぼと吉ガレージ
コメント:ボトムズのアレです。おでこのハートはアルペジオから。

村長より
大阪の中央区にある『METALBOX』さんからのご参加のぼと吉ガレージさん。
見事な表現力と造形力で、可愛さの中にもワイルドさを感じるベアッガイⅢだなぁって思いました。カラーリングや改修ポイントはモチーフになったキャラクターに基づいているのですが、その中でもワンポイントで♡のマークを取り入れられるなど、製作者さんの遊びの部分も感じられて、とっても素敵な作品に仕上がっているなぁって思いました。
部分的にメタルパーツも使われていらっしゃるのかなぁって思ったのですが、さりげなく個性を出しつつ、モチーフのキャラクターを再現できるスキルがとてもうらやましいと感じる作品でした。


小鉄
作品No.088
作品名:小鉄
製作者:ぼと吉ガレージ
コメント:右手はシャイニングフィンガーにしました。背中のドラグーンは日本酒です。

村長より
この作品も『METALBOX』さんからのご参加のぼと吉ガレージさん。関西人だったら誰でも知ってる超有名なあの猫がモチーフになっているベアッガイⅢ♪カラーリングといい、オリジナル設定に基づく武装のアイデアといい、見事としか言いようのない作品ですね。
個人的にはたま○まの部分も気になっていたのですが、何のパーツなのかなぁって思ってました。
どなたかご存知のお方がいらっしゃいましたら教えてください(笑)『METALBOX』さんのお店の方から製作途中の話も聞かせていただいたのですが、途中の段階ではあのたま○まはホントに丸いパーツだったのですが、ちょっと生々しいだろうということで、今回の形に落ち着いたそうです(笑)そんなお話も聞ける『METALBOX』さんに皆さんもよかったら遊びに行ってみてくださいね♪


アントニオJr.
作品No.089
作品名:アントニオJr.
製作者:ぼと吉ガレージ
コメント:背中の羽はコテライトキャノン。

村長より
今回のベアッガイⅢ祭りになんと3匹も展示していただいた、『METALBOX』さんからのご参加のぼと吉ガレージさん、ホントにありがとうございました♪最後のこの子も有名ですねw
先の小鉄とは違うオリジナル武装を身にまとい、独特なカラーリングも見事で、バンダナの再現や、リボンパーツを使ったマフラーの表現、誰が見てもアントニオJr.だとわかるベアッガイⅢになっているなぁって思いました。先の小鉄といい、このアントニオJr.といい、細かい改修が随所に施されていて、耳の造形やお鼻や口周りなど、元ネタのイメージに基づいて、細かく改修されていらっしゃるのがすごいなぁって思った作品でした。
もしかしたら『METALBOX』さんに展示されているかもしれませんので、ご確認がてらお店に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?
おいら個人的には、はく製になってしまったお父さんの片○まのアントニオも見てみたい気がしましたが、皆さんはどう思います?(笑)


ボートニャン?
作品No.090
作品名:ボートニャン?
製作者:K.Takezawa
コメント:わかるかな…(写真参考)

村長より
最近いろいろと賞を受賞されているTakezawaさん。何気に前回のベアッガイ祭りの参加者さんでもあります。
前回はパンダカラーに仕上げてくださっていたのですが、今回はネタにかなり困られていた様子で、すごく大変だったとお聞きしていました。
そんなTakezawaさんが今回選ばれたのは、まさかのあのキャラクター(笑)
とっても綺麗なシャンパンピンクの塗装で、マスクやしっぽ、各所に施されたとげとげパーツがポイントとなって、完成度の高いベアッガイⅢになっていたと思います。普段はAFVやバイク、電車などというスケールモデルを作られることが多い、Takezawaさんなんですが、今回は普段作らないようなジャンルの作品にチャレンジしてくださって、ホントにうれしく思いました。
ちなみに背景のイラストも、しっかりマスキングを行ったうえでも塗装した作品で、作品全体を通して、しっかり作りこんでいただいた作品になっているなぁって思いました。


さて無事に今夜も更新できました…
残りも少なくなってきましたが、おいらの記憶が薄れてしまわないうちにすべて終えられるよう頑張ります…

おしまい…
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

庵

Author:庵
あっがい谷に生息する、田舎の工作員です(*^_^*)

基本的にへっぽこモデラーなので大したことはアップできません(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR